淀川区の十三駅8分「オフィスかじ整体院」つらい症状を根本改善

施術

またまた脊柱管狭窄症シリーズです

最近脊柱管狭窄症と言われてお悩みの方が
本当に多いですね(ll゚д゚ll)

なのでこのお話をしていきます!

ストレッチで脊柱管狭窄症がよくなる? 

たまにこんなことやっている先生を
見かけますがー

そもそもーっ感じですが

ストレッチがどのような効果を出して
いくのかをしっかり考えていきましょう!

まずストレッチは言葉通り

伸ばす!
これですよね

筋肉、その周りの組織を伸ばす

次は事実かどうかはわかりませんが
緩める、可動域を増やす

なんらかの刺激を入れている

とゆうことを言っている先生もいます

狭窄症に対してのストレッチの有効性 

これはどのようなものなのか?

この関係性は繋がるのか、繋がらないのか?

狭窄症は原因はいろいろ考えられますが血管の問題であったり
歩けないなど、神経的な問題であったり

これに対して

ストレッチで伸ばしたり緩めたり刺激したりして

狭窄症本体の部分にアプローチできているのかを考えていくと

脊柱管狭窄症とゆう名前なだけあって

脊柱管の問題ですよね?

これに対して筋肉に対してアプローチをしているだけで有用かどうかとゆう
考えになってきます

症状のの感じ方を和らげるであったりに対してはできるかもしれません

ですが脊柱管に対してはただの刺激にしかならないかもしれません…

ストレッチが悪いわけではないですが狭窄症を良くするとゆう考え方では

何を良くしていっているのか?

とゆう話になっていきます

まずはそこをしっかり考えていきましょう!

本日はこの辺で終わりにしていきます

 

淀川区 十三で整体なら「オフィスかじ整体院」 PAGETOP