淀川区の十三駅8分「オフィスかじ整体院」つらい症状を根本改善

うさぎ跳びってなんでダメなの?

 

本日は最近当院のお客さんから聞かれた質問に
この場でお答えしていきます!

 

昔はよくうさぎ跳びしなさい!って言われていませんでしたか?
あれなかなかしんどいですよね(ll゚д゚ll)

とゆーかとにかく
膝が痛い!
本当にこれなんです

なんでこんなん昔の方は
やってたんやってくらいに思います…
実際そうなんです
膝に本当に悪いんですし

ヘルニアのように重症化していく可能性もありますm(_ _)m

なぜ膝に悪いのか? 

見た目からして悪そうですよね?

これはうさぎ跳びだけではなくても
日常でも無意識に似たような
体勢をとっていることって
よくあるんです

まずはこのメカニズムから理解していきましょう

膝の仕組みからです
正常な膝で立っている状態

膝関節

 

少し膝を曲げている状態

IMG_5062

 

 

うさぎ跳びの膝の状態

うさぎ跳びの状態

 

太ももの骨(大腿骨)と膝より下の骨(下腿骨)が

横並びになってしまっています

この時に下から関節を折り曲げたまま
重量がかかってしまい
膝の関節面が本来潤滑し合う
場所ではないところでぶつかってしまいます

そうなると膝の前側から奥に引っ張っている
前十字靭帯が無理に伸ばされます

あと無理に膝を折り曲げてしまっているため

膝の前面に付着している他の靭帯、筋組織を
引きはがそうとする力が加わってしまいます

人間の体は無理に引っ張られてしまうと
力が
入らなくなってしまう仕組みに
なってしまっていますので

 

これによって膝よりしたのふくらはぎ等が
ダメになってしまう可能性があります

もう一点はうさぎ跳びの体勢に
よる腰への負担の問題です

 

うさぎ跳びの体勢

 

この体勢では
腰の骨の位置は本来の位置とは真逆に傾いてしまいます

正しいのは腰椎は前弯していないといけませんが

この体勢では後弯にもって行かれます

これでは腰の下の方にものすごい重力がかかり

すぐに腰を悪くしてしまいます

さらにここを庇ってしまうために
腰椎の下にある骨盤の関節にも負荷がかかり

後背部の筋肉も引っ張ってしまうとゆう
負の連鎖が待っています(ll゚д゚ll)

骨盤の関節の機能が落ちてくると
そこから下の関節への運動機能が

ガタッと落ちてしまうため膝を悪くしてしまったり


足が弱ったりしていってしまいます…

そうすることによって正常な歩行が
できなくなっていき
日常生活に
支障が出てしまいます

これがうさぎ跳びがダメな理由です

ですが日常でよくこれに似た動作があります
もしこの体勢を取ることが多い方は

草むしりです

草むしりは少し休まれた方がいいですね

昔から腰が悪くてこんな動作が多い方は

まずはそれを中止することをおすすめします

昔からうさぎ跳びはダメだと言われて
いましたが

解剖学的に考えるとこんな風にダメな理由が出てきますね^ ^

またよくあるお体のお悩み相談がありましたら
この場でもアウトプットしていきますので

よろしくおねがいいたします!

 

 

淀川区 十三で整体なら「オフィスかじ整体院」 PAGETOP